ript>

ガリガリ天パ親父の1000日連続ランニング挑戦記

ガリガリのアラフォー親父が、雨の日も風の日も1000日休まず走り続けます

タローからジローの話 連続ラン挑戦670日目

◼️連続ラン670日目<残り330日>

 

以前に、「柴犬はブルドッグと話せるのか?」と書いた


f:id:gudjohnsen2:20200817203103j:image

そもそも犬という生き物は、人間(飼い主)の考えをどの程度、理解しているのだろう?

 

子供の頃、近所にタローという柴犬がいた

ボロボロの犬小屋に繋がれ目つきは悪く、いつも通行人に吠えていた

タローは毎日、雪平鍋に放り込まれた「味噌汁かけ飯」を必死にがっついていた

飼い主はというと、生活保護なのに朝から酒&博打という、近所でも評判の滅茶苦茶男

もちろん散歩なんて殆どしていないし、見たこともない

そんなタローは飼い主にも吠みつくし、獰猛で手が付けられなかった

 

ある日近所で評判の金持ちマダムの犬が、タローに咬まれ右目を失明する事件が発生した

犬小屋付近で二匹がジャレていたところ、タローが突然咬みついたらしい💥

マダムの怒りは相当なもので近所は大騒ぎ、事件はすぐに広まった😡

 

タローは翌日、海に沈められることになった

 

翌日、近所の人たちが見守る中、飼い主がバットでタローをぶっ叩いて引き摺りながら、海に向かって歩いていった

タローは何かを感じたのだろう、必死に抵抗し逆方向に逃げようとしていた

 

しかしタローは沈められた👻

 

次の日

 

そこには【味噌汁かけ飯】を待つタローの姿があった

驚いたのは飼い主、「こいつは俺が!昨日〇×%たはず、、」

状況が理解できず呆気にとられていた

 

アウシュビッツから脱出して、アウシュビッツに自主的に戻る人間なぞ、いないだろう

次会ったら絶対に殺されますから、、

 

タローには、飼い主の考えを理解する能力がなかったのだろうか?

 

という昔のことを思い出しました

 

はい、しょうもない話でしたね🙏

 

 

◼️本日のランニング

 日時 2020/08/19(水) 6時

 距離 8.1㎞ 280m坂D10本(59-57-54-58-58-58-57-56-55-53)

 記録 0:47:56

 天気 晴

 体重52.2.、体脂肪率11.0、内臓脂肪Lv2

 骨格筋率43.4、基礎代謝1390、BMI17.7
f:id:gudjohnsen2:20200819193155j:image

 

◼️ランニング所感 

結局タローは次の日、完全に沈められ、海の藻屑と消え去った

 

そして数か月後には、新たに「味噌汁かけ飯」をがっつく犬がいた

あの滅茶苦茶な飼い主が、いつもと変わらない声で

「おい!ジロー!」と呼んでいた

 

タローの次はジローですよね

 

 

◼️筋トレ(体幹+腸腰筋)

①腕立て50回 ②スクワット100回 ③フロントブリッジ60秒 ④足上げ腹筋60秒 ⑤足上げ横腹筋 左右50回ずつ ⑥フロントランジ 左右50回ずつ ⑦サイドプランク 左右30秒 ⑧腸腰筋腿上げ 左右30回 ⑨背筋100回 ⑩片足内筋トレ 左右30回 ⑪脹脛100回 ⑫ジャンプ10回×3 ⑬斜め懸垂10回 ⑭ニートゥーエルボー50回ずつ

 

◼️本日の頂き物


なし

 

◼️本日の夕飯


f:id:gudjohnsen2:20200819193218j:image

定食

 

 

今日も続けることができました

応援のクリック頂けたら幸いです↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

青少年育成に不適切なバナー広告に反対しています

Bookmark機能は停止中です