ript>

ガリガリ天パ親父の1000日連続ランニング挑戦記

ガリガリのアラフォー親父が、雨の日も風の日も風邪の日も1000日休まず走り続けます

自分より下の者を見て喜ぶこと 連続ラン挑戦579日目

◼️連続ラン579日目<残り421日>

 

小学6年生の時、市の水泳大会の校内代表に選ばれた

別に泳ぎが速かった訳ではない

市の中でも特に田舎の小学校によくある「最上級生は何かしらの種目に全員出してあげよう!」という学校側の配慮だった

 

スイミングに通ってる子ならまだしも、僕には凄く迷惑だった

泳ぎは自信無いし、平泳ぎしかできない

その事は先生も把握していて、平泳ぎへの出場となった 

祖父母が数日前から大喜びで「皆で応援に行くからな!」と言っていたが、それは事前に何とか断ることに成功していた

 

大会当日は朝から緊張したまま会場に到着 

そして選手一同整列の時間になり、他校の猛者達と水着姿で並んだ

本当に場違いな僕は、ただただ帰りたかった

洗濯板のようなガリガリあばら骨の少年

その痩せ蛙を見た周りからのヒソヒソを、必死で無視するのが大変だった

 

そして遂に一組目から順番にスタート!

後ろの組の僕は、その光景を見て驚いた

え?平泳ぎって一回毎に顔を水に浸けるの?

顔を水面から上げたままでしか泳げないのに

だから皆ゴーグルを?(恥ずかしさ)

 

そしてそれよりも悩ましいことが一点

 

どうしよう、、言った方がいいのかな?

悩んだ挙句、スタート直前ギリギリで係員に

「僕飛び込みができません」と小さな声で伝えた

スタート前に一人だけ、プールに入水させてもらった

 

ざわつく会場&失笑

 

全員が敵だと思った

 

よーいどん

 

顔を水面から上げた状態は恥ずかしいので

いけるだけ潜水で泳いだ

 

兎に角、早く終わってくれと泳いだ

 

 

8人中3位だった

 

、、

 

よかったぁ!最下位じゃなかった!

とは思わなかった

 

僕より遅い奴が5人もいた!

そう思った

 

なんだ僕より遅い奴が5人も!

子供ながらに、確かにそう思った

 

自分より下の者を見て喜ぶべきではない

 

しかし

大人になった現在のマラソン大会でも

 

下を見て安心することがある

 

その根性が駄目なんだろうと思う

 

そんなことを思い出した

 

◼️本日のランニング

 日時 2020/05/20(水) 17時

 距離 4.5km+7kmジョグ

 記録 0:35:03

 天気 曇

 体重52.2、体脂肪率13.8、内臓脂肪Lv2

 骨格筋率38.9、基礎代謝1363、BMI17.7f:id:gudjohnsen2:20200520182212j:image

 

◼️ランニング所感

テキトーバル走5本

75-72-68-77-75

アップダウンが辛い

 

◼️筋トレ(体幹+腸腰筋)

①腕立て50回 ②スクワット100回 ③フロントブリッジ60秒 ④足上げ腹筋60秒 ⑤足上げ横腹筋 左右50回ずつ ⑥フロントランジ 左右50回ずつ ⑦サイドプランク 左右30秒 ⑧腸腰筋腿上げ 左右30回 ⑨背筋100回 ⑩片足内筋トレ 左右30回 ⑪脹脛100回 ⑫ジャンプ10回×3 ⑬斜め懸垂10回 ⑭ニートゥーエルボー50回ずつ

 

◼️本日の頂き物

なし

 

◼️本日の夕飯

f:id:gudjohnsen2:20200520174516j:image

テキトーバル走に合わせて、ナンを焼く

 


f:id:gudjohnsen2:20200520182236j:image

定食