ript>

ガリガリ天パ親父の1000日連続ランニング挑戦記

何の取り柄もないガリガリのアラフォー親父が、雨の日も風の日も風邪の日も1000日休まず走り続けます

アディダス JAPAN Boost 3(アディゼロジャパンブースト3)使用レビュー ランニングシューズ耐久性

 

gudjohnsen2.hatenablog.com

 

一般的に、ランニングシューズの寿命は800~1000kmと言われます。

目安寿命の半分の時点で、どれだけ消耗したかを写真で確認しながら、

耐久性や、使用レビューを書いていきます。

 

Adidas Japan Boost 3

ACTIV アディゼロ

(ジャパンブースト3)

 

<商品紹介>

スピードを追求した世界最速記録レーシングシューズ
2014年男子マラソン世界記録を樹立したモデルの3代目。

 

Runner type: natural
靴幅: E
重量: 226 g(27cm 片足重量)

ヒールの高さ: 3.5 cm
ソールの厚さ:1.5cm
ミッドソールドロップ:10mm(踵27mm/前足部17mm)

 

 

このシリーズ、カラーバリエーション豊富で

f:id:gudjohnsen2:20181107162120j:plain

特にこのカラーは斬新で惹かれました。

 

一瞬、ランニングシューズではないような感じさえ。

 

 

<5つの特徴>


 ①日本人の足型に合わせたマイクロフィットラスト
  →抜群のフィット感を実現

 

 ②ミッドソールに搭載されたBOOSTフォーム(BOOST含有率90%)
  →反発力が合わさってかつてないスピードを実現

 

 ③オーバーレイのメッシュアッパー
  →軽量かつ抜群の通気性を実現

 

 ④TORSION SYSTEM
  →踵と前足部の自然な動きと安定性を実現

 

 ⑤強化されたグリップ力 
  →Continental rubber大型配置し、グリップ力と蹴り出し時の安定性を向上

 

<所感>
 履いた瞬間、衝撃!!!


 着地時に踵で感じる、柔らかい反発力!


 これがBOOST含有率90%か。


 戦や練では感じない程の反発力

 

 マイクロフィットが抜群のヒールホールド力を生み、反発力を逃がさない!
 
 初日から①マイクロフィットラストと、②BOOSTの威力を感じました。

 

 

 一ヶ月経過した頃に、


 6月なのに、この靴蒸れないな
 最近、、膝の痛み無い!


 ③メッシュと、④TORSIONの有効性を実感

 

 

 ⑤グリップ力は、柔軟に伸縮するストレッチウェブアウトソールが


  路面をうまくキャッチしエネルギッシュな走りを実現の通り!


  Continentalラバーアウトソールも、あらゆるコンディションで強力な

 

  グリップ力を発揮してくれました

 

 

結果、5つの特徴全て◎

 

 

 


そんな高性能のJapan Boost 3 短い距離から長い距離まで愛用し、

総走行距離 約400km


寿命目安の約半分を走行した、現在の損耗状況から

耐久性を確認していきます。


f:id:gudjohnsen2:20181110140259j:image

見た目まだ綺麗ですよね。

f:id:gudjohnsen2:20181110140337j:image
まあインソールの文字は消えかかってます


f:id:gudjohnsen2:20181110140354j:image
後ろからも問題は無し

 

では耐久性。


私は、耐久性では以下の三点を重要視しています。

1:アウトソールすり減り
2:アッパー爪先破損
3:ヒールカウンター損耗

 

写真で細かく確認していきます。

 

1:アウトソールすり減り


f:id:gudjohnsen2:20181110140508j:image

真横から見ると、やっぱBOOSTが分厚いですね

きちんとBOOSTが残っています

 

しかし靴底を見ると
f:id:gudjohnsen2:20181110140433j:image

中足部の擦り減りが


f:id:gudjohnsen2:20181110140530j:image

目立ちますね

f:id:gudjohnsen2:20181110140616j:image
踵部も、まあ多少磨り減ってはいます


f:id:gudjohnsen2:20181110140659j:image

右足の中足部 アウトソールが擦り減り


f:id:gudjohnsen2:20181110140714j:image

ミッドソールが見えています

 


f:id:gudjohnsen2:20181110140730j:image

左足も同様に、一番接地する箇所のアウトソールが

 


f:id:gudjohnsen2:20181110140743j:image

完全に無くなり、ミッドソールに到達

ガーン!ショック!

 

走っている時に違和感は無いのですが

 


f:id:gudjohnsen2:20181110140809j:image

踵部のアウトソールは、耐久性が高いようです

 

 

2:アッパー爪先破損


f:id:gudjohnsen2:20181110140820j:image

ここの強度は抜群!

破れ、剥がれ等一切無し!

色褪せも無く新品同様。

 


3:ヒールカウンター損耗

  アディダスは細身のシューズが多く、これもヒールホールド力は抜群。


f:id:gudjohnsen2:20181110140836j:image

 破れていない。が、やや損耗し始めているか


 


<勝手な採点 5点満点>

 ※耐久性は細分化


 ①クッション性   5
 ②通気性  4
 ③軽さ   2
 ④フィット感  4
 ⑤グリップ力   3
 ⑥耐久性(アウトソール) 1
 ⑦耐久性(アッパー爪先) 4
 ⑧耐久性(ヒールカウンター) 3
 ⑨デザイン     5
 ⑩価格帯     3
 

 

 

 

 

 <まとめ>
 抜群のフィット感と、かつてないBOOSTの反発力を

 

 兼ね備えた最高のシューズです。


 自然に前への推進力を得られ、グリップ力も問題無し。


 デザインも豊富で、選べる楽しみがあります。

 

 また戦と練同様に、ラストのE展開は細身のランナーに◎


 しかし、ストレッチアウトソールの耐久性が低く、

 

 走行400km程度でミッドソールのBOOSTまで

 

 擦り減ったのは残念でした。

 

 


<その他気になった点>

 

前足部の靴内空間は、戦や練と比較すると、

一回り大きいかな。

戦や練は、紐を締めると、シューズの中で指は

なかなか自由に動かせることはできないが、

ジャパンは自由に動かせる。

 

この部分で好き嫌いが出ると思う。

 

是非スポーツ店で試し履きする際は

前足部の余裕度の確認を是非して欲しい。

 

 

gudjohnsen2.hatenablog.com

 

 

gudjohnsen2.hatenablog.com

 

www.gudjohnsen2.com

 

 

 

 

以上、長々と書きましたが、あくまで個人の感想ですので、
他の方のレビューも参考にして下さい。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています↓

押して頂けたら幸いです。

ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村  

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村